情報流通社会ではその思考が命取りになる可能性があります

換金目的をもって列車の乗車チケット等を大量決済してしまう→クレカキャッシュ化サービスを利用しないで自身が現金化する目的でクレジットで決済をするということも同じ事です。

現金化するということを意図したクレカの使用であれば、ルール違反と見做されるからであります。

必要以上の新幹線等のチケットや切手販売などでのクレジット使用は、時として現金化が目的ではないか?というようにマークされる可能性などがあるため配慮することが必須なのです。

さらに言うと、使用時点でキャッシング枠の方がいっぱいとなられている利用者の場合は列車の乗車切符等を購入しようとする瞬間にクレジット発行会社によりチェックが入るということがあるためお金がない時の使用については出来ないようになってしまうと思われます。

お金に困った状況で企てる方法はたいてい、似ているなのです。

クレジットカードの発行会社から見て都合の悪い使用法をする●以前流行していた『永久不滅』というようなクレジットカード会社に対してほんの少しもメリットとなることのないような正当でない使用方法をした場合、クレジットカードの発行会社側から強制没収となってしまうケースというのもあるのです。

ネットで出回ったクレジットポイントの不正な入手など世間には認知されていない情報というものが存在してもこのような情報は間違えなくクレジットカードの規約違反となるのでまず使用しないようにして頂きたいと思います。

強制失効の個人情報は信用機関へ流れる→没収させられた場合でも別のクレジットについては使用可能のであるから、少しならば良い?などと考えた方、情報流通社会ではその思考が命取りになる可能性があります。

なぜなら、まず失効させられてしまう状況になるとクレジットカードの発行会社にて閲覧可能な個人情報というものへそれらのカード情報が記録されてしまうために契約者の信用力というものは大幅に下る場合があるからです。

持っているだたひとつですらクレジットカードを強制没収となった場合他のカードですら審査が厳しくなりますし、ともすると今所持しているカードも没収になるケースもなくはないでしょう。

それは免れて継続して使用できるケースでも有効期限切れ時に使用できなくなることもあります。

とにかく言っていますが強制失効させられてしまうほどの利用の仕方は絶対しないようにカードをご利用頂きたいと思う。

Link

Copyright © 1996 www.ihatezayne.com All Rights Reserved.