この場合選ぶべき対策は限られています

普通のはじめたばかりの人向けのFX取引の情報では、「損をしたケースではナンピン買いを入れることによって、ポジションの平均を買い付けコストを小さくする事が出来る」等述べられている事もありますが実際はこれはかなりの引っ掛けがあります。Vアップシェイパー EMS

ナンピン買いの仕組みに関して簡単に述べておきます。商社・貿易

仮に100円で1ドルを買ったとします。リペアジェル 口コミ

$(ドル)買いのためドル高になるほど黒字が出るわけだが逆に1ドル=95円までドル安が進んだとします。ダイエットサプリメントで効果が出たって話を聞くけどホント?

このままの状態で維持し続けたとしたら損失が回復するまでには、円高になった分円安ドル高に動く必要があります。キレイモ ロコミ 月額

誰でも、マイナスは早く取り戻したい考えます。マシュマロヴィーナス 楽天

この状況を変えるためはじめに注文したのと同じ額の$(ドル)を1ドル=95円で買い増します。ひとてまい 口コミ

そうしたら、平均の価格は1ドル=97.50銭まで低くする事が出来ます。クリアネオ 口コミ

すなわち、半分の幅でドル高に進めば、損失を回復できます。保険マンモス 商品券

それが、ナンピン買いの理論です。恋活アプリ

こういうふうに、ナンピン買いのやり方を理解すると「納得だ」という風に思うが為替相場は容易には思った通りにはなりません。

もとより、1ドル95円が底だということなど、なんびとも想像できません。

仮に、マーケットがかなり強い円高ドル安地合だとしたら1ドル=95円ではとどまらず、さらに一層円高にいくリスクが高いです。

一例として、97円50銭でナンピン買いをした場合に、1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピンをした分についても、損が生じてしまいます。

それでは、初めに持ったポジションと合計でダブルで為替差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それならば、マーケットが筋書きとは逆の方向にみるみる行ってしまった場合どの方法で危険を軽減すればいいのだろうか。

この場合選ぶべき対策は限られています。

ひとつは潔くポジションを諦める事です。

もうひとつの選択肢としては、自分か所持している買いポジションを少なくして再度相場が元のようになるのを何もしないで待ち望むことです。

後ろ向きな方法だと言う方もいるでしょう。

だがしかし、持っている買いポジションに差損が出た時、最も危険の少ない方法はこれ以上のものはありません。

当然、ロジックとしては、ナンピン買いをするという考え方も効果的です。

だがナンピン買いは、自分か損失を出している場面で、買いポジションを小さくするどころか、それとは逆にポジションを積み重ねていく考え方です。

この手段では、危険を避けることなど到底可能ではない察するべきです。

ナンピンを続ける事ができれば最終的には勝てるかもしれない。

だがしかし、そうなる前にお金はショートしてしまいます。

Copyright © 1996 www.ihatezayne.com All Rights Reserved.